万和商事 AMALIE PROSHOP店長の日記
AMALIE YACCO MEISTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランヴィア
今日は軽自動車を3台と、グランヴィアというTOYOTAのディーゼル車を

オイル交換しました。

グランヴィアの走行距離はもう20万キロを超えています。

当店に来られた時には、18万キロ前後だったでしょうか。

それ以来、うちのオイルを気に入って使って頂いてます。

オイルは主にXLO 15W-40を入れていて、

オイルフィルター交換時には7本くらい入ります。

フィルターもディーゼルなので、かなり大きいです。

この車のお客様は、以前、間違えて他社の化学合成オイルを車に入れたところ、

思いの他車の調子が良くなり、それ以来オイルには

こだわりを持つようになったというエピソードを持っていらっしゃいます。

オイル交換のついでにYACCOのアンチフュームディーゼルをおススメして

ご購入頂きました。

ありがとうございました。

これはディーゼル車用のキャブレターやインジェクションを清浄してくれる

ケミカル用品です。

今日は一日オイル交換でばたばたした日でした。

スポンサーサイト
商売人
今日は午前中、AMALIE PRO.NET.のお客様に

ご注文の品を梱包し、発送しました。

今週の頭にご注文頂いていたのですが、日時指定が土日のため、

今日送る運びになりました。

午後にはお店のショーウィンドウに飾ってあるポスターが、

陽に焼けて色あせていましたので、貼り替える作業などをしつつ、

関東の代理店さんや一般のお客様からの電話の対応などをしました。

夕方には京都の代理店さんが来られて、YACCOの商品を

何点か引き取っていきました。

いつも元気な人で、根っからの商売人という感じです。

そういえば、今日電話のあった関東の代理店さんも、ちゃきちゃきの商売人です。

たまに電話があると、商売についての独自の考えを熱く語る人で、

今日も説教されてしまいました。

でも、それもうちの商品を愛してくださっているということだと思います。

いろんな人に支えられて商売は成り立っていくもの。

これからもよろしくお願い致します。
輸入品の味
今日は午前中にオイル交換のお客様が来店されました。

車はVOLVOのV70です。

ボンネットを開ける取っ手の場所がわかりにくいので、

いつも往生します。

オイルはAMALIEのPROSYN 10W-30を入れました。

いままでお客様が乗られてきた車の中で、このVOLVOが一番燃費が良いそうです。

燃費の話ついでに、YACCOのネトヤンをおススメしましたら、

じゃあそれももらおうかというこで、お買い上げくださいました。

このネトヤンという商品は、ガソリン車のためにつくられたもので、

キャブレターやインジェクションを綺麗にする作用があります。

それにより燃費の向上を促すもので、ガソリン満タン時に給油口から直接いれます。

ひとつ難点は、フランス製ということもあるのか、キャップを開ける方法に

コツがいります。

それは、キャップの両端をおさえながら回すということです。

そうでないとキャップが空まわりして取れないしくみになっています。

もうひとつ、このネトヤンはキャップを開けたらなんだか甘いにおいがするのです。

それはいままでにたぶんかいだことのないものだと思います。

輸入品を取り扱う上で、日本製とはまた違う味があるのは、車も石油製品も同じですね。


今日の出来事
今日は午前中からばたばたしていました。

駐禁を取り締まる人達が会社周辺に来たり、

連続でオイル交換のお客様が来たりと対応に追われました。

オイル交換のお客様の中に、軽自動車で来られた方がいました。

いつものようにボンネットを開け、オイルゲージを引っ張ろうとしたら、

黄色い樹脂でできた取手がパキッと折れてしまいました。

すぐにお客様にご報告し、折ってしまったことを謝罪しました。

お客様から返ってきた返事は、ここでしかオイル交換しないからいいよ、と言ってくださいました。

しかしさすがにそのままにしておくことできず、

アロンアルファでひっつけることにしました。

しばらく置いて、オイルゲージに差し込み、出し入れしてみたところ、

完全にくっついることを確認し、安心しました。

つくづくうちは良いお客様に恵まれているなと感じ、

お客様を大事にするお店でありたいなと思いました。
お店の看板
2日程前に、色褪せてきたお店の看板を復活させました。

オイル交換専門店という文字を画用紙で切り抜き、

黒の画用紙にその文字を貼り付けて、パウチしたものを

両面テープでピットの表につけていました。

まず文字の色あせをスプレーでパウチした表面に吹き付けます。

しばらく乾燥させたら、文字だけを切り抜き、

再び黒の画用紙に貼り付けパウチします。

こうして完成した新しい看板を同じ場所につけました。

店の看板だけでなく、いろいろなところに目をくばって

お店の雰囲気を良くしていきたいものです。

適正価格
今日は、お昼に原付のお客様が来店されました。

YAMAHAのJOGで4ストの原付です。

入る量も知れていて、0.8Lくらいです。

バイクを買ったお店でオイル交換を頼んだら、4000円くらいと

言われてうちに来たそうです。

確かに、工賃を含めてもその値段は高いな、と思いました。

一体どんなオイルを使用しているのか知りたいです。

適正な価格でサービスをお客様にご提供していきたいものです。

夕方には近くの中古車屋さんから、車のオイル交換を頼まれました。

TOYOTAの現行のエスティマで、エアロ仕様の車です。

驚いたのは、3列目のシートが後ろにきれいに格納され、2列目のシートが

足をのばしてくつろげるほどの広さになっていることでした。

これなら長距離ドライブでも疲れることなく、快適に車内で過ごせるなと

思いました。

この車をオイル交換する際は、オイルを入れるスペースがタイトなので、

オイル注入口にジョウゴをかまして、こぼさないように注意します。

正直、もう少しスペースをとってもらえたらありがたいです。




今日の雑感
寒い日が続いていますね。

今日は昼頃に代理店の人が来ました。

ついでにオイル交換もと頼まれ、PROSYN 10W-40を入れました。

TOYOTAのカルディナのディーゼル車で、

なんと40万キロ以上乗っている車です。

その間、エンジンやミッションなどの交換はしてないそうです。

へたな営業トークよりも、AMALIEを入れ続けて40万キロいったことのほうが、

ずっと説得力ありますよね、と代理店さんと話しながら

やはりAMALIEはすごいオイルだなと思わされました。

さて、電気自動車になったら、車はもっと長持ちするのでしょうか?

そうしたら、車の販売がいまより鈍くなるかもしれませんね。

オイル交換をまめにして車の寿命をのばそうとする発想から、

バッテリーやモーターをより長く持たせるにはどうしたらいいのかという

発想になっていくのでしょうか。

未来の自動車社会はもう間近に来ていますね。





ドラムの名人芸
本日、昼過ぎに営業の人の注文で、国産ドラムの配送がありました。

いつもタイヤひとつで、荷台から大きなドラムをストンと落として

転がし、なにくわぬ顔でピットまで運んでくる業者の人には正直びっくりします。

もし自分自身やれと言われたら、まずできない芸当です。

どこでそんな技が身につくのか教えて欲しいくらいです。

世の中いろいろな人たちがいて回っているんだなと思います。

さて、午後にはオイル交換のお客様も来店されました。

まだ新しめのカローラにAMALIE PROSYN 5W-30を入れました。

オイルフィルターも換えたのですが、その際にエンジン型式を見ようと

刻印プレートをボンネットを開けて探したのですが見つかりません。

結局インテークマニホールドだったと思うのですが、そこにエンジン型式が

刻印されていました。

TOYOTAさん、ここまでコストダウンをはかっているのでしょうか?

ふとこんな考えが頭によぎりました。
新年あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。

本年も当ブログをよろしくお願い致します。

さて今日から通常の業務が始まりました。

ありがたいことに初荷の出荷の量が多く、

その対応にバタバタした一日でした。

店頭にお客様も来られて、MEISTERの900FX 10W‐40を

3本購入されました。

なんでも以前 MEISTERの1000EPX 10W‐50をカワサキのバイクで使用されていて、

かなりよかったということでした。

特に熱安定性能がよくて、夏場でも安心して使えるオイルと評価して頂きました。

お客様に喜ばれ、使ったオイル良かったよと言っていただいて、本当にうれしいです。

今年も多くのお客様に喜ばれるような商品、サービスをご提供できるように

日々努力していきたいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。