FC2ブログ
万和商事 AMALIE PROSHOP店長の日記
AMALIE YACCO MEISTER
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピューター管理に疑問
この間、07年式のBMW 323iがお店にオイル交換に来ました。

指定粘度が0W-40なのですが、今回はとあるオイルの10W-40を入れました。

最近のBMWにはオイルレベルゲージが無く、オイル量の管理は

コンピューターでされています。

なので、いつものようにゲージ穴からホースで上抜きが

できない状態なのです。

仕方なくジャッキで車を上げて、下からオイルを出しました。

5Lくらい抜けましたが、規定量はオイル&フィルター交換で

6.5Lになっていました。

1Lくらいオイル消費されてたみたいです。

営業の人に聞いたら、最近のBMWは低粘度指向でオイルが消費される

傾向があるみたいとのこと。

これからもっとメンテナンスしにくい車両が出てくるんでしょうね。

コンピューターが壊れたらオイル量の管理はどうするのでしょうか?

高いお金を出して修理することになるのなら、ゲージで十分事足りるのでは?

と考えてしまいます。


スポンサーサイト
良いオイルの判別
最近、ヤッコーオイルを使用していた車を2台

オイル交換しました。

1台はうちの会社の営業車です。

GALAXY 15W-50を使用し8000㌔程走行しました。

抜き取った廃油を手に取ってみると、まだ粘りがあり

そんなにへたっていない印象を持ちました。

もう1台はお客様の車で、BMW525IにVX500 10W-40を

使用し5000㌔程の走行でした。

この車の廃油も粘りがありまだまだいけそうでした。

オイルを新油で見た時にはどのオイルもきれいな色をしています。

なので、新油の状態を見ただけでは良いオイルかどうか判別が難しいです。

やはりオイルは使って見てわかるもの。

もう少しいえば、使った後の状態を見ないと厳密にはわからないものだと思わされました。

確かにオイルは消耗品ですが、

なるべく良いオイルをお客さまに奨めて使って頂きたいです。

結果として喜んでいただけたらオイル屋冥利に尽きます。

水上です

こんにちわ

テストで記事を書きます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。